ケース

〜最新テクノロジーとビジネスの調和〜

重点領域

当社はデジタルヒューマン、データ生成、画像処理ソリューションの3つの重点領域を定めており、それぞれのケースをいくつかご紹介します。

デジタルヒューマン

デジタルヒューマン

データ生成

データ生成

画像処理

デジタルヒューマン

AIを用いて実在しないフォトリアルなデジタルヒューマンを生成するテクノロジーを開発しています。 AIがあらゆるものに浸透した未来社会における機械の新しいインターフェイスとしての活用を目指しており、 まずはデジタルヒューマンを構成する要素技術をベースにしたアプリケーションを開発しています。

デジタルモデル

AIにより生成されたデジタルヒューマンをアパレルEC等の広告モデルとしての活用を進めています。 これまでに本間ゴルフ社やイメージナビ社との取り組みを行い、デジタルモデルマーケットの拡大を目指しています。

デジタルアイドル

AIにより生成されたデジタルヒューマンをアイドルとしてプロデュースするサービスを提供するジーンアイドル社を設立し、 新たなマーケット創出を行っております。

データ生成

最新のデータ生成技術を活用し、キャラクタ制作の効率化やシミュレーションデータの生成、異常データのデータ生成など幅広い活用を進めています。
データ生成

AI学習用データの生成

AI開発には大量のデータが必要となることが一般的ですが、異常を検知するAIを開発するケースにおいては、異常データは小数しか取得できないケースがあります。 そこで、当社のデータ生成技術により、異常データを生成し、高品質な異常検知AIの実現に貢献します。

キャラクタデータの自動生成

株式会社アエリアと共同で、AIによるキャラクター画像自動生成の研究開発を行いました。 この生成技術を使用することで、人間のクリエイターとの共創による新しいコンテンツの作成や、コンテンツの制作コストの大幅な削減を可能にします。

画像処理ソリューション

データ生成技術を応用した画像処理により、従来の画像処理では対応できない課題の解決や高品質の画像処理ソリューションを提供しています。

超解像

低解像度の動画像データを高解像度に変換する超解像技術を開発しています。 コンシューマーユーザー向けの画像系サービスへの組み込みやカメラモジュールの後処理ソフトウェアとして利用することが可能です。

スタイル変換

リアルタイムでのアーティスティックな動画像変換が可能であり、エンターテインメントやアート領域を中心とした活用を想定しています。