MISSION

データグリッドのミッション
すべてのデータに
命を与える

実在しない人物がいきいきと動き出す。

ひとつのデータから高精度なデータを膨大に生み出す。

データそのものがあたかも命を宿しているかのように、

姿かたち表現を変えて自動で生成されていく。

それらすべてを可能にするのが、

私たちのシンセティックAIです。

人の手を介すことなく、

動画像や音声データを自在に合成。

アイデアを具現化しビジネスを進化させる。

シンセティックAIが社会に不可欠な存在になる日は

そう遠くないでしょう。

私たちはシンセティックAIを社会インフラにして、

すべてのデータに命を与え、

すべての人がクリエイティビティを

発揮できる社会をつくります。

実在しない人物がいきいきと動き出す。

ひとつのデータから高精度なデータを

膨大に生み出す。

データそのものがあたかも命を

宿しているかのように、

姿かたち表現を変えて

自動で生成されていく。

それらすべてを可能にするのが、

私たちのシンセティックAIです。

人の手を介すことなく、

動画像や音声データを自在に合成。

アイデアを具現化し

ビジネスを進化させる。

シンセティックAIが

社会に不可欠な存在になる日は

そう遠くないでしょう。

私たちはシンセティックAIを

社会インフラにして、

すべてのデータに命を与え、

すべての人がクリエイティビティを

発揮できる社会をつくります。

概要

OUT LINE

シンセティックデータ
とは

シンセティックデータとは、AIにより合成された動画像や、音声データ等の総称。シンセティックデータをつくり出すのは、当社が開発するシンセティックAIのようなデータ生成AIです。予測や認識のために産業分野に応用されてきた従来のAIとは異なり、創造性を発揮するデータ生成AI。その技術革新によって、誰もが手軽に高品質なコンテンツデータをつくり出すことが可能になりました。さらに、高精度なデータを一度に大量に供給できることから、膨大なデータを蓄積している大企業など、一部のデータホルダーにしかなし得なかったことも、アイデアさえあれば、誰にでも実現できるようになります。

シンセティックデータを
生み出す
DATAGRIDの
テクノロジー

  • CASE 01
    PLAY

    デジタルヒューマン

    デジタルモデルやフォトリアルアバター、将来的にはあらゆる人型AIのビジュアルインターフェイスになることを目指します。広告・メディア・エンタメ・アパレル業界などを中心に、様々なコンテンツ制作において当社のデジタルヒューマンを活用できます。

  • CASE 02

    トレーニングデータ生成

    AIの学習で大量のデータ取得が困難なケースにおいてシンセティックAIが活用できます。不良品検出の精度を上げるための不良品画像、カメラ映像の人物検知精度を上げるための多様な人物画像、画像の超解像やノイズ除去など、様々なシンセティックデータを生成できます。

  • CASE 03

    その他新領域

    材料開発を効率化するマテリアルズインフォマティクスや創薬プロセスの効率化、ディープフェイクに対するセキュリティ技術、デザイン制作をサポートする技術など、多岐にわたる領域でシンセティックAIは重要な役割を果たします。

使用例

USE CASE

産業・領域別
シンセティックデータの可能性

シンセティックデータの活用はすでに海外のコンテンツ産業や、AI・データ産業で進んでいます。急速な技術発展とともに、デジタルヒューマンや創薬といった幅広い産業・領域に貢献する事例も増加。今後もコンテンツやデータを活用する様々なシーンでのユースケースが生まれ、社会へ浸透していくことが期待されます。

  • CASE 01

    アパレル産業

    デジタルシフトへの強いニーズがあるアパレル産業に対して、デジタルを起点としたデザインプロセスから顧客接点、さらには顧客体験まで多くの観点からシンセティックデータの活用機会が顕在化しつつあります。デジタルヒューマンがモデルを担ったり、デジタルで試着ができるといったサービスはほんの一例です。

  • CASE 02

    エンターテインメント産業

    労働集約型の制作プロセスの自動化・効率化が進み、AI生成コンテンツを起点としたクリエイティブ制作が実現します。AIは人間の作業の代替だけではなく、AIが制作したコンテンツは人間の創造性を更に掻き立てる可能性があると考えられ、いずれはAIと人間が共同でコンテンツ制作に取組む世界が予想されます。

  • CASE 03

    サービス産業

    実在しないデジタル上のリアルな人物として生成したデジタルヒューマンは、将来的にあらゆる人型AIのビジュアルインターフェースとして普及する世界を予想しています 。たとえば、デジタルヒューマンが活用された映像コンテンツが制作されたり、メタバースの到来によって人間のアバターとして活用されることが考えられます。

  • CASE 04

    ものづくり・インフラ産業

    特定の物体や異常を検知するAIの実用化において最も重要であることの多い、データ不足や品質管理に悩まされることはもうありません。当社のソリューションを活用することで、擬似的なAIトレーニングデータを合成し、あらゆる企業・あらゆるユースケースのAI活用を推進します。

応用例

APPLICATION

シンセティックデータが
もたらす社会

たとえば、デジタルヒューマンがメディアに登場し、人々にニュースやシネマ、学習といったコンテンツを提供する。情報セキュリティや、化学・創薬などの分野で、膨大な時間がかかっていた作業をAIに任せることで、人は本来のクリエイティブな仕事に専念できる。これらは、シンセティックデータの用途のほんの一部。一見すると共通点はなく、各領域ごとに個別の発展を遂げているように見えます。けれども、すべての土台にシンセティックデータが存在するのです。私たちデータグリッドは、シンセティックAIによってデータ社会の基盤を支え、社会の発展をリードします。

データグリッドの
強み

データグリッドは2017年の創業以来、シンセティックデータを生み出すコア技術であるGANの研究開発を続け、独自のAIモジュール群からなる、シンセティックAIプラットフォームを開発しました。私たちは日本におけるシンセティックデータのリーディングカンパニーとして、様々な領域の企業と連携しながら、アプリケーション毎に最適なAIモジュールを組み合わせたソリューションを提供しています。

© DATAGRID Inc. All right reserved.

SCROLL DOWN

スマートフォンを
縦にしてご覧ください

0