コアテクノロジー

〜深層生成モデルとGAN〜

GANとは

当社がコアテクノロジーとするGAN(Generative Adversarial Network / 敵対的生成ネットワーク)はコンピュータに創造性を与え、 様々なデータを創出することを可能にするデータ生成技術です。画像生成や画像変換といった活用から始まり、 現在では創薬やセキュリティ領域といった幅広い産業応用が期待されています。

これまでのディープラーニングとGAN

これまでのAI/ディープラーニングは産業活用において、主には予測や認識のために利用されてきました。 しかし、GANを代表とする生成AIはデータ生成というを新たなAI活用を可能にしました。
ディープラーニングの分類
さらに、私たちは独自の研究開発により、少数データでの高精度化や操作性の高いデータ生成を実現しています。

GANの仕組みとは

従来のAIでは、単一のAIに大量のデータを与えることにより学習を行うことが一般的でした。 しかし、GANの学習プロセスでは、本物らしい新しいデータを作り出そうとする「生成AI」とリアルデータとAI生成データを判別しようとする「識別AI」という二つのAIを競争させることにより学習を行います。 生成AIは識別AIを騙そうとし、逆に識別AIは生成AIが生み出したデータを正確に見分けようとします。 資本主義社会においてあらゆる領域が競争により発展したのと同様に、AIの学習プロセスにおいても、競争関係を導入することにより、単一のAIで学習するよりもより発展したAIを生み出すことを可能にしました。
GANの学習