CODE OFETHICS

倫理規定

株式会社データグリッド(以下、「当社」と言います)は、シンセティックAIの利活用によって生じうる倫理的リスクを抑制するために、以下の倫理規定を策定しました。

  • 1.

    より良い社会の実現

    当社は、AIの社会実装において、AIの活用目的を適切に設定し、AIが社会や個人に与える影響に配慮します。それによってAIの倫理的リスクを抑制しながら新しい価値を提供します。

  • 2.

    人間中心の考え方

    当社は、人間とAIを敵対させるのではなく、人々の可能性を開放し、豊かな生活の実現に貢献するための手段としてAIを社会実装します。

  • 3.

    共創による社会実装

    当社は、AIを活用する上で生じる課題に対応すべく、顧客や関連する企業、団体、学術コミュニティなどと積極的な対話を行います。
    対話の結果を当社従業員に共有することによる倫理観の醸成や、継続的な倫理規定の改善に努めます。

  • 4.

    悪用の防止

    当社は、明確な同意を得ずに、AIを用いて特定の人物を再現したり風刺目的で政治家や有名人を再現することは決してありません。
    また、当社のソフトウェアを社外の顧客に提供する場合には、提供先が適切にソフトウェアを使用することを確認した上で提供し、悪用を防止します。

  • 5.

    公平性の尊重

    当社は、AIの活用において不当な差別を起こさないよう、多様性や基本的な人権を尊重するよう努めます。

  • 6.

    プライバシーの保護

    当社は、AIサービスを提供する際に、プライバシーとセキュリティに配慮し、個人情報を安全に取り扱う環境構築に努めます。

© DATAGRID Inc. All right reserved.

SCROLL DOWN

スマートフォンを
縦にしてご覧ください

0