NEWS

お知らせ

大阪市のベンチャー企業支援プログラムであるOSAPに採択決定

RELEASE

クリエイティブAI分野における大企業との連携を加速

株式会社データグリッド(本社:京都府京都市左京区吉田本町36-1 京都大学国際科学イノベーション棟西館1階、代表取締役社長 岡田侑貴、以下「データグリッド」)は大阪市が主催し、シード期~スタートアップ期の事業者に対してメンタリングや大企業との連携をコーディネートすることを目的としたOIHシードアクセラレーションプログラム(以下、「OSAP」)に採択されました。

OSAPはシード期~スタートアップ期のベンチャー企業を対象に、適切なメンタリングをはじめ、ベンチャーキャピタリストや大企業等からの助言を受ける面談や連携をコーディネートすることで、事業化を加速させる取り組みであり、データグリッドはその第6期に選定されました。プログラムは2018年11月13日のキックオフ会からスタートし、採択企業同士の合宿や、ベンチャーキャピタル20社によるメンタリング、大企業とのマッチング、最終のデモデイから構成されます。

データグリッドはOSAPを通して、メンターからの適切なアドバイスを元に、クリエイティブAI分野における大企業との連携を加速させます。

SHARE ON

FACEBOOK TWITTER
© DATAGRID Inc. All right reserved.

SCROLL DOWN

スマートフォンを
縦にしてご覧ください

0